京都の観光名所の紹介。京都の桜を見るなら蹴上インクラインがお勧め!そのほかの観光名所、観光スポット情報

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 京都好き at --/--/-- --:-- | Top▲

琵琶湖疎水と蹴上インクライン



琵琶湖疏水(びわこそすい)とは、琵琶湖の湖水を、京都市へ通ずるために作られた水路(疏水)の事である。1890年に完成した第1疏水と1912年に完成の第2疏水を合わせ、23.65m3/sを滋賀県大津市三保ヶ崎で取水し、うち水道用水12.96m3/s、他に通水の翌年に運転をはじめた営業用として日本初となる水力発電、潅漑、工業用水などに使われている。

電力は日本初の電車(京都電気鉄道、のち買収されて京都市電)を走らせたのを始め、工業用動力として使われ京都の近代化に貢献した


また、水運にも用いられ、琵琶湖と京都、京都と伏見・宇治川を結んだ。落差の大きい蹴上と伏見にはケーブルカーと同じ原理のインクラインが設置され、船を線路上の台車に載せて移動させるという珍しい交通手段を採用していた。

琵琶湖疎水は安積疏水など先行する近代水路がオランダ人などのお雇い外国人の指導に依ったのに対し、琵琶湖疏水は日本人のみで完成されたもので、日本で初めての技術も多数取り入れられており、近代化遺産として非常に価値が高いそうです
Posted by 京都好き at 2009/05/27 18:19 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。