京都の観光名所の紹介。京都の桜を見るなら蹴上インクラインがお勧め!そのほかの観光名所、観光スポット情報

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 京都好き at --/--/-- --:-- | Top▲

京都の観光名所「東映太秦映画村」とは?



東映太秦映画村(とうえいうずまさえいがむら)は、京都市右京区太秦東蜂ケ岡町にある映画のテーマパーク。東映の京都撮影所の一部を分離・一般公開したもの。

東映は1960年代後半から映画の斜陽化が顕著になると、ヤクザもの映画で観客動員を保つ一方で、時代劇が斜陽になったことからに京都撮影所のオープンセットの維持を画して、その一部を新設子会社の「(株)東映京都スタジオ」に移管し、東映太秦映画村として1975年(昭和50年)11月1日に開村・公開した。 続きを読む
スポンサーサイト
Posted by 京都好き at 2009/08/09 15:27 | Top▲

京都の観光名所「桂離宮」とは?




桂離宮(かつらりきゅう)は京都市西京区桂にある、約7ヘクタールの離宮(離宮とは皇居とは別に設けた宮殿の意)。[1]江戸時代初期の造営当初の庭園と建築物を遺しており、当時の(王朝)文化の粋を今に伝えている。回遊式の庭園は日本庭園の傑作とされる。

また、建築物のうち書院は書院造を基調に数寄屋風を採り入れている。庭園には茶屋が配されている。もとは桂宮家(八条宮家)の別荘であったが、現在は宮内庁京都事務所により管理されている。

続きを読む
Posted by 京都好き at 2009/08/09 15:13 | Top▲

京都の観光名所「京都御所」とは?


京都御所(きょうとごしょ)は、京都府京都市上京区にある皇居。鎌倉時代中期から明治時代初期まで天皇が住んでいた宮殿。明治維新の東京行幸により、天皇が東京の皇居(旧江戸城)に移ったため、明治10年(1877年)保存された。明治以降は京都皇宮(きょうとこうぐう)とも称される。

続きを読む
Posted by 京都好き at 2009/08/09 15:09 | Top▲

京都の観光名所「嵐山」の観光スポット




嵐山(あらしやま)は京都府京都市の観光地。国の史跡および名勝に指定されている。本来地名としては西京区(桂川の右岸)を指し、左岸は右京区嵯峨であるが、観光案内等では嵯峨地区を含めた渡月橋(とげつきょう)周辺全域を一まとめとし渡月橋周辺全域をしての嵐山とする。

嵐山は桜や紅葉の名所である。京都市街の西に位置し、平安時代に貴族の別荘地となって以来、京都の代表的な観光地となっている。嵐山の中心部を流れる桂川にかかる渡月橋は嵐山の象徴になっている。なお渡月橋をはさんで上流が大堰(おおい)川で、下流から桂川となる。JR山陰線の北側には嵯峨野と呼ばれる観光地が広がっている。

続きを読む
Posted by 京都好き at 2009/08/09 14:43 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。